相談事例

広島の方より遺言書についてのご相談

2021年08月04日

Q:遺言執行者に任命されましたが、何をすればいいのでしょうか。行政書士の先生、教えてください。(広島)

私は広島に住む会社員です。先月長い闘病の末、父が広島市内の病院で亡くなりました。
遺言書を残しておく、と生前から言われておりましたので、内容を確認したところ、私を「遺言執行者」に任命するという記載がありました。
周囲の人にも相談してみましたが、なかなか同じような経験のある人がおらず、困っております。
亡き父の最後の言葉ですので、出来ることはしたいと思っていますが、遺言執行者とは、どのようなことをすればいいのでしょうか。法律の知識のない会社員の私でもなれるのでしょうか。(広島)

A:遺言執行者とは

遺言執行者に任命されることは誰もが経験するものではありませんので、困惑される方も多いでしょう。
遺言執行者は法律家である必要はなく、未成年者や破産者を除いて相続人やそれ以外の第三者等、誰でもなることが出来ます。

遺言執行者の役割は遺言書の内容を実現させることです。
遺言書の内容を実現させるために遺産の名義変更などを行い、指定された遺産を指定された方の手元に確実に渡るようにしていきます。
遺言執行者が相続人以外の第三者に指定されている場合には、遺言書に従い、その第三者が遺言書の内容を実現していくことになります。
一方、遺言書による遺言執行者の指定がない場合には、相続人や受贈者(遺贈によって財産を受け取る人)が遺言書の内容に沿って手続きを行うことになります。
また、遺言執行者の指定がない場合には、家庭裁判所へ遺言執行者選任の申立をすることも可能です。
特に遺言書に「遺産を第三者へ遺贈する」と記載がある場合には相続人が相続する場合に比べ、手続きが多くなるため、相続人ではなく、第三者(特に司法書士などの専門家)を遺言執行者として指定しておくことをお勧めします。
ここまで遺言執行者についてお伝えしてきました。
相続手続きには期限があるものもありますので、早めに手続きを進めていきましょう。

初めての相続でお困りの際には、専門家へ相談することもお勧めです。
広島相続遺言まちかど相談室では、初回のご相談は無料で承っておりますので、小さな疑問からお気軽にご相談ください。
広島相続遺言まちかど相談室では広島近郊の皆様から相続に関するたくさんのご相談をいただいております。
相続に関するご相談内容はご家庭によって異なりますので、皆様のご相談を親身に伺ったうえで丁寧に対応させていただいております。
広島にお住まいの方やお勤めの方で相続・遺言についてのお困りの方は、広島相続遺言まちかど相談室までお気軽にお問い合わせください。
所員一同、広島の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております

広島の方より相続についてのご相談

2021年07月03日

Q:母の再婚相手が亡くなったのですが、私はその方の相続人になるのでしょうか。行政書士の先生、教えてください。(広島)

行政書士の先生、はじめまして。私は妻と2人の子どもと広島で暮らしている40代男性です。

先日のことですが、母から再婚相手の方が亡くなったと連絡がありました。
母が再婚したのは私が25歳の時で、すでに一人暮らしをしていたこともあり、その方とは一度もお会いしたことはありません。
とはいえ、父親であることにかわりはないので葬儀に参列したところ、「あなたも相続人だから」と母にいわれました。どうやら母は再婚相手の相続人として私に相続手続きをしてほしいようです。

私としては正直、お会いしたこともない方の相続手続きをするのは気が進みません。
「相続人だから」といわれると断りづらいのですが、本当に私は母の再婚相手の方の相続人になるのでしょうか?(広島)

A:再婚相手の方の相続人となるのは、養子縁組をしている場合に限ります。

被相続人(今回ですと再婚相手の方)の相続人になる子の範囲は「実子または養子」と定められており、認知されていれば愛人が出産した子も相続人になります。

ご相談者様の場合は養子に該当するかと思いますが、養子になるには当然のことながら養子縁組の届け出を提出する必要があります。
しかしながらお母様が再婚されたのはご相談者様が25歳の時とのことですので、成人が養子になるには養親と養子それぞれが自署・押印をした養子縁組届を用意しなければなりません。
つまり、ご相談者様に養子縁組届を書いた記憶がないようであれば、再婚相手の方の相続人にはならないということです。

もしもご相談者様に養子縁組届を書いた記憶がある場合には相続人となりますが、再婚相手の方の財産を相続するつもりはないとお考えの際は「相続放棄」を選択することも可能です。その場合は被相続人が亡くなったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所へその旨の申述をする必要があるため、くれぐれも注意しましょう。

広島相続遺言まちかど相談室では、広島ならびに広島近郊の皆様からたくさんの相続に関するご相談をいただいております。
ご自身がどなたの相続人になるのかなど、個々の相続について親身になってお話を伺い、丁寧に対応させていただきます。
広島ならびに広島近郊にお住まい・お勤めの方で相続について何かお困りの場合には、広島相続遺言まちかど相談室までお気軽にお問い合わせください
所員一同、皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申しております

広島の方より相続についてのご相談

2021年06月05日

Q:行政書士の先生に教えていただきたいのですが、相続の手続きにはどのような戸籍が必要でしょうか。(広島)

私は広島に住む50代の者です。1か月ほど前に同じく広島に住む父が亡くなり、現在相続手続きを進めています。母は私が小さいころに亡くなっており、相続人は私と弟の2人になるかと思います。弟とは相続の分け方についての話し合いを済ませたので、銀行にて、相続手続きを済ませようと思っております。手続きには戸籍が必要だと聞いたことがありますが、具体的にはどのような戸籍を用意すればいいのでしょうか。(広島)

A:相続手続きには故人の出生から亡くなるまでの戸籍が必要です。

相続手続きには「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本」、「相続人全員の現在の戸籍謄本」の提出が求められます。

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本には、お父様の両親の氏名、その両親のもとで兄弟が何人いるか、結婚相手、子供の人数、いつ死亡したかといったことが記録されています。この戸籍を確認することでお父様が亡くなった時点での配偶者の有無、ご相談者様が把握していない隠し子や養子がいないかを確認することができます。もしもお父様にご相談者様の他に子供がいた場合には相続人に当たり、相続が発生しますので、早めに取り寄せましょう。

戸籍を取得するには、亡くなった被相続人の本籍地を管轄する役所へ請求し、その役所にある戸籍を出してもらいます。もしも本籍地が遠方である、役所に行く時間がないなどの理由で、直接出向くことが難しい場合には、郵便での請求と取り寄せが可能です。取り寄せ方法は各役所のホームページなどで確認することができます。

また、本籍地を転籍している場合には、戸籍の内容を読み取り、別の役所へ請求して従前の戸籍を取り寄せる必要があります。

戸籍謄本を揃えるだけであっても、相続手続きには多くの時間や労力がかかります。相続手続きにおいてお困りの方は一度相続の専門家へご相談ください。

広島相続遺言まちかど相談室では、広島の皆さまの相続の手続きや遺言書作成のお手伝いをさせて頂いております。初回の相談は無料でお伺いしておりますので、相続に関することであれば、些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

広島相続遺言まちかど相談室スタッフ一同、広島近隣の皆さまからのお問い合わせ、ご来所を心よりお待ちしております。

広島の方より相続についてのご相談

2021年05月08日

Q:相続人同士で話し合いが済んだ場合でも遺産分割協議書は作らないとダメでしょうか。行政書士の先生にお伺いしたいです。(広島)

行政書士の先生、はじめまして。私は生まれも育ちも広島という50代の主婦です。

夫とは広島の高校に通う頃からの付き合いで、特に喧嘩もなく仲睦まじく暮らしておりましたが、半月前に突然夫が亡くなってしまいました。

夫にはいくつかの財産がありましたがまったく予期せぬ出来事でしたので、当然ながら遺言書は残っておりません。ですが、相続するのは私と2人の子どもだけということで、軽く話し合いをして終わりました。家族の仲は良好ですので、後になって相続について揉めることはないと思われます。

遺言書がない場合は遺産分割協議書を作成する必要があるとお聞きしましたが、このような場合でも遺産分割協議書は作らないとダメでしょうか?(広島)

A:遺産分割協議書は、相続税申告や不動産登記・名義変更などで必要になります。

遺産分割協議書とは、相続人全員で遺産分割について話し合い、合意に至った内容を記録する書類のことをいいます。

遺言書がある、相続人が1人だけ、財産が現金・預貯金だけという場合は、作成しなくても良いかもしれません。しかしながらご相談者様のように遺言書がない場合は、相続人の間で話し合いが済んでいたとしても遺産分割協議書を作成する必要があります。

遺産分割協議書は相続手続きにおいて提出を求められる場面が多く、手続きをスムーズにする意味でも作成しておくべきだといえるでしょう。

なお、相続手続きにおいて遺産分割協議書が必要になるケースは以下の通りです。

  • 不動産の相続登記
  • 相続税の申告
  • 複数の預金口座を所有

また、相続人同士のトラブルが予想される場合も、話し合いの内容を記録しておける遺産分割協議書の存在は重要だといえるでしょう。

なお、遺産分割協議書はご自分で作成することもできますが、注意事項が多く、作成にはそれなりの時間や労力を費やすことになります。遺産分割協議書の作成に不安のある方や時間が取れない方は、相続手続きを得意とする専門家に頼るのもひとつの方法です。

広島相続遺言まちかど相談室では、広島はもちろんのこと、広島近郊の皆様から相続に関するたくさんのご相談をいただいております。相続に関するご相談内容は人によってさまざまですから、親身にお話を伺ったうえで丁寧に対応させていただきます。広島にお住まいの方やお勤めの方で相続・遺言についてのお困りごとがある場合は、広島相続遺言まちかど相談室までお気軽にお問い合わせください。初回無料相談も実施しております。所員一同、広島の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

広島の方より遺言書についてのご相談

2021年04月10日

Q:行政書士の先生にご相談です。入院中の夫が遺言書の話をしてくるのですが、病床でも遺言書を作成することはできるでしょうか。(広島)

行政書士の先生、どうかお話を聞いてください。

私は広島の中心街からほど近いマンションで暮らしている60代の主婦です。15歳年上の夫は4年前から広島市内の病院に入院しており闘病生活を続けていますが、病状は芳しくありません。主治医の先生からも「覚悟しておくように」といわれているような状況です。

だからでしょうか、最近夫がしきりに遺言書の話をするようになり困惑しています。相続人は私と二人の子どもになりますが、自分の死後、相続のことで私たちが揉めてしまわないか心配でならないそうです。とはいえ、意識等ははっきりしているものの外出できるような状態ではないので、専門家に直接お会いして遺言書を作成することは不可能だと思われます。病床にある夫でも遺言書を作成することはできるでしょうか?(広島)

A:ご自身で自書し押印できる状態であれば、病床にあっても遺言書の作成は可能です。

遺言者である旦那様の意識がはっきりされていて、遺言の本文・作成日・署名を自書、押印できる状態であれば、病床にあったとしてもすぐに遺言書を作成することができます。

その場合の遺言書は「自筆証明遺言」となりますが、財産目録に関しては自書する必要はなく、ご家族がパソコン等で作成した表や預金通帳のコピーを添付すれば問題ありません。

遺言書の全文を自書するのが難しそうな場合は、病床まで公証人が出向き作成をお手伝いする「公正証書遺言」という方法もあります。

≪公正証書遺言のメリット≫
➀方式等での不備による遺言の無効を回避できる。
②作成した遺言書の原本は公証役場にて保管。紛失の心配がない。
③自筆証書遺言では必要となる家庭裁判所での検認手続きが不要。

※2020年7月より法務局での自筆証書遺言の保管が可能となり、保管申請された遺言書に関しては家庭裁判所での検認手続きは不要。

ただし、公正証書遺言で作成する場合は二名以上の証人および公証人の立ち会いが必要となり、日程調整に時間がかかるケースも少なくありません。旦那様の身にもしものことが起こり遺言書自体の作成ができなくなるという事態を回避するためにも、早急に専門家へ相談し、証人の依頼を済ませることをおすすめいたします。

広島にお住いの皆様、遺言書の存在は遺産相続において大変重要な役割を担うことになります。ご自分の死後、大切なご家族が相続のことでお困りにならないよう、専門家に相談しながら元気なうちに遺言書の作成に取り組むことをおすすめいたします。

また相続人となられた場合も、お亡くなりになった方の意思を尊重した相続手続きについて疑問点・不安点がありました際は、ぜひ広島相続遺言まちかど相談室までお気軽にご相談ください。

広島相続遺言まちかど相談室では広島近郊にお住いの皆様の頼れる専門家として、遺言書作成はもちろんのこと、相続全般についても親身になってご対応させていただきます。

初回のご相談は無料ですので、どんなに些細なことでもまずは広島相続遺言まちかど相談室へお問い合わせください。

まずはお気軽にお電話ください

082-511-7878

営業時間 9:00~19:00(平日)/9:00~18:00(土・日・祝)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

広島相続遺言まちかど相談室は地域に密着した相続・遺言に実績のある専門家が相談に対応しております。広島電鉄 八丁堀駅徒歩1分のアクセスとなりますので、お気軽にご相談ください。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

当事務所が
選ばれる理由

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

082-511-7878

営業時間 9:00~19:00(平日)/9:00~18:00(土・日・祝)

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ