遺産分割

遺産分割

広島にお住まいの方へ、ここでは遺産分割についてご説明いたします。

遺産分割とは亡くなった方が持っていた財産を、相続人同士が話し合いを行った上で、財産を分割して受け取ることを言います。そしてこの話し合いを遺産分割協議と言いますが、遺産分割協議には相続人全員が参加しなければ効力がありません。このページでは、遺産分割をどのように進めていくか一緒に確認していきましょう。

お亡くなりになった方が遺言書を遺していない場合、被相続人によって残された財産をどのように遺産分割するかは、相続人全員の合意によって決まります。遺言書が存在する場合には、そちらが優先されますので、遺産分割協議を行う必要がありません。遺産分割をした後に遺言書が発見されると相続手続きが複雑になるため、相続が発生したらまず遺言書の有無を確認してください。遺言書が見つかった場合には、遺言書の種類によっては広島家庭裁判所に申立てを行います。見つかった場合には、広島にあるお近くの専門家に必ず相談してから、手続きを進めるようにしてください。

そして、遺産分割協議が難しいのは相続人全員で合意をしなかればならないということです。相続人の中で誰か一人でも反対する人がいたら成り立ちませんし、また相続人のうち1人でも参加しないで行われた遺産分割協議は無効になります。そのため、必ず被相続人の戸籍を全て取得し、相続人の特定を行ってから遺産分割協議を行って下さい。可能性としては低いですが、相続人が知らなかった別の相続人(例えば異母兄弟など)が実は存在したというケースも存在します。

残念ながら遺産分割協議がまとまらず、名義変更できないまま何年も過ぎてしまうと下記のような問題が発生します。遺産分割協議に期限はありませんが、下記のような問題が起きないようできるだけ早く手続きを進めるようにしましょう。

  • 時間が経過し相続人が亡くなり新たな相続が発生すると、さらに相続人が増えるとともに、関係性の低い人が相続人になってしまうこともあり、遺産分割協議が困難になる。
  • 広島にある不動産を売却したくても、相続人の名義になっていないと売却ができない。
  • 銀行から不動産を担保に入れて融資を受けることができない。

また、もともと良好な親族関係を築いていても、遺産分割を原因で不仲になってしまうご家族も多くいらっしゃいます。実は、遺産分割の内容だけではなく相続開始後の手続き方法で相続人間に不信が生まれ、トラブルになってしまうパターンもあるのです。

例えば広島県外に住む相続人のうちの一人が被相続人の遺産総額を開示せず、一方的に広島にお住まいの相続人に遺産分割協議書案を送りつけてきた等です。広島県外にお住まいの相続人にとっては一生懸命手続きを進めていたのかもしれませんが、広島にお住まいの相続人からしてみれば、「本当に財産はこれで全てなのか?」「隠しこまれているのではないか?」等、疑ってしまう状況になりかねません。こうしたトラブルを回避するためにも、遺産分割協議を行う前段階から、相続人間で納得できるように準備していきましょう。

なお、相続人の中に未成年者や認知症の方がいる場合や、行方が分からず遺産分割協議に参加することができない人がいる場合遺産分割協議を行う前に別途法的な手続きを必要とします。下記の詳細ページにて詳しくお伝えいたします。

相続人全員で遺産分割に関する合意ができたら、遺産分割協議は終了となります。後々トラブルになることがないよう、どのような内容で合意したのかが明らかにしておくことが一般的です。合意内容を明らかにしておく書面を遺産分割協議書といい、きちんと作成するようにしまよう。

広島相続遺言まちかど相談室では、相続手続きおよび遺産分割協議書の作成等、相続に関するお悩み事のご相談をお受けしています。広島近郊にお住まいの方はぜひ無料相談をご活用ください。

遺産分割の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

082-511-7878

営業時間 9:00~19:00(平日)/9:00~18:00(土・日・祝)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

広島相続遺言まちかど相談室は地域に密着した相続・遺言に実績のある専門家が相談に対応しております。広島電鉄 八丁堀駅徒歩1分のアクセスとなりますので、お気軽にご相談ください。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

当事務所が
選ばれる理由

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

082-511-7878

営業時間 9:00~19:00(平日)/9:00~18:00(土・日・祝)

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ