相続放棄

相続放棄

相続が発生した場合、亡くなった方の財産を受け取るのか、受け取らないのか判断をする必要があります。しかし、判断をするためには亡くなった方の財産状況が分からないと、判断のしようがありません。そのため、一般的には亡くなった方が広島在住の方であれば、広島市内の銀行に対してどの程度の金融資産があるのかを確認し、併せて負債の金額についても借用書等からきちんと確認をしなければなりません。

相続財産の調査をした後、財産を受け取らないと決めた場合には相続放棄を行います。相続放棄には期限がありますので、財産調査から速やかに手続きを進めなければなりません。

相続財産の全てを放棄する相続放棄、または相続財産の一部についてを相続する限定承認をする場合、期限内に広島家庭裁判所等へと申述をする必要があります。この期限は、相続があった事を知った日(一般的には死亡日)から3ヶ月以内と法律で定められています。相続があった事を知った日から3ヵ月経過後も、相続放棄もしくは限定承認の手続きを行わなかった場合には、原則、負債も含めて被相続人の財産について全て相続する事を承認したとみなされますので注意が必要です。原則と書いたのは、相続があった事を知った日から3ヵ月経過後であっても、過去に相続放棄が認められた事案もあります。3ヵ月経過後も諦めることなく、まずは専門家の意見を聞くことが大切です。

相続放棄の申述

相続放棄の申述をするためには、戸籍等の必要書類を集める必要があります。これらの事務手続きも含めて3ヶ月以内に広島家庭裁判所等へと手続きをする必要があります。戸籍の収集に時間がかかってしまって、結果的に3ヵ月以内に申立てができなかったということにならないよう、相続放棄の申述に関しては専門家へと依頼する事をおすすめいたします。

なお、相続放棄の申述を行い、万一家庭裁判所で受理されなかった場合、やり直しを行うことはできません。被相続人が亡くなってから3ヶ月以内の相続放棄であれば、基本的には相続放棄は認められますが、3ヶ月を過ぎてから相続放棄をしなければいけない事情が発生した場合は、相続放棄のプロフェッショナルに相談・依頼することをお勧めします。先ほど上記にて少しお伝えをさせていただきましたが、相続があった事を知った日から3ヵ月経過後であったとしても、相続放棄をするに至った経緯やなぜ相続があった事を知った日から3ヵ月以内に申立てができなかったのか等の個別の事情を鑑み、相続放棄が受理されるケースがあります。広島相続遺言まちかど相談室では、これまで数多くの相続放棄のお手伝いをしてきましたので、相続放棄に関するノウハウが多くあります。

相続放棄はやり直しがきかない手続きですので、少しでもご不安がある方、確実に相続放棄をしたい方、広島市内の債権者等からの問い合わせが多く困っている方は、まずは広島相続遺言まちかど相談室等の専門家に相談をしてから必ず進めるようにしてください。

広島相続遺言まちかど相談室では、相続放棄や限定承認などの手続きもお手伝いをさせて頂いております。相続放棄が必要である方や、ご心配な方はなるべく早い段階で無料相談へとお越し下さい。相続の専門家として、スピーディー対応をさせて頂きます。

限定承認について詳しくはこちら

相続放棄の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

082-511-7878

営業時間 9:00~19:00(平日)/9:00~18:00(土・日・祝)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

広島相続遺言まちかど相談室は地域に密着した相続・遺言に実績のある専門家が相談に対応しております。広島電鉄 八丁堀駅徒歩1分のアクセスとなりますので、お気軽にご相談ください。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

当事務所が
選ばれる理由

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

082-511-7878

営業時間 9:00~19:00(平日)/9:00~18:00(土・日・祝)

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ